「平和」はこんな想いのステーション 

例えばこんな方が訪問看護を利用されています。

□難病で自宅療養をしている。

  • 手足に少しずつ力が入らなくなってきて、身体が動きにくくなってきた。身体の動きを維持しながらも、もう少し動かせるようになりたい。 
  • 不安な事を寄り添ってくれたり、すぐに相談できる看護師さんが近くにいて欲しい□気管切開して自宅で療養する。

□気管切開して自宅で療養する。

  • 定期的に全身状態を観察しに来て欲しい。

  • 吸引などの指導や管理を一緒に看てもらいたい。


□消化管ストーマ(人工肛門)

  • パウチの交換するのが困難のため、看護師さんに来てもらいたい。
  • 退院直後では、ストマの管理に不安が残っており、継続して指導や管理をして欲しい。 

□公害(慢性呼吸不全)在宅酸素療法(HOT)を行う

  • 体動時に息苦しさや動きにくさがあり、もう少し楽に動けるようになりたい。

□がんで余命を告げられた

  • 妻と一緒に残り時間を自宅で穏やか過ごしたいので、サポートしてほしい

  • 不安時相談来て欲しい... 

  • 不安な時など、気軽に相談に乗ってもらいたい 。

□認知症で生活が大変になった。

  • 認知症の進行を遅らせる方法がないか。

  • 適切な治療や相談やケアを受けたい。     

  • 認知症に対して、適切な治療や相談、ケアを受けたい。

□糖尿病による血糖コントロールが困難

  • 高齢のため、血糖測定や服薬管理が出来ない。

  • インシュリンの注射が不安。

□体幹機能障がい

  • 身体機能の維持・向上したいので、リハビリを受けたい。

  • 身体機能の訓練で来てほしい。

  • 家屋内の移動を安全に動きたいので、生活環境を整えてみたい。

サービス内容はこちらをご覧ください。お問い合わせはこちらから。